対策スクールがオススメ【さくさく対策できますぜぃ】

English language

物価がお手ごろ

滞在先の物価の高さが影響する

語学留学(英語)で海外へ行く場合、アメリカ、カナダ、オーストラリアの人気は依然と高い水準にあります。留学生の受け入れ環境が整っており、毎年、日本だけでなく多数の国の社会人や学生が留学に行きます。 しかし、語学留学が目的で一定期間の滞在をする場合、これらの国は物価が高く、生活費が嵩み、さらに留学費用がかかるという難点があります。 そこで、最近、注目を浴びているのがフィリピンです。 フィリピンは発展途上にあり、日本と比較するとまだまだ物価が安いです。フィリピン本土のマニラよりも、むしろセブ島のような離れ島の方が物価は安く、治安も良いです。そして、留学生を受け入れる体制も整っていて、年々、日本からの留学生が増加傾向にあります。

英語はフィリピンの公用語の1つ

語学留学先にフィリピンを選ぶ社会人や学生が増えている理由は、物価が安い点以外にあります。 まず、日本から4時間程度で行ける距離にあることです。近い方が便利であることは明確です。なお、日本との時差は1時間(日本の方が早い)しかないことも利点になります。 次に、常夏の国であるため、1年を通して温暖な気候にあり、季節の変わり目がほとんどありません。つまり、体調管理がしやすい点が利点です。 そして、フィリピンの公用語はタガログ語と英語です。生活の一部として英語を使用している国柄ですので、日本語だけが公用語の日本人と比べると、英語力がネイティブに近いと言えます。もちろん、語学留学に関わる講師やスタッフは高いレベルの教育を受けているので、授業では何も問題ありません。 以上のような理由から、語学留学先としてフィリピンの人気が上がっています。

Copyright© 2015 対策スクールがオススメ【さくさく対策できますぜぃ】 All Rights Reserved.